読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失せものメモ

なにごとか書く

就業後、友人と食事予定

ブログを始めるにあたって、書こうと思っていたことがいくつかあったのだけど忘れてしまった。

しょうがないので、いま思いついたことを書きます。

 

日記は一週間で飽きてしまうし、サイトは放置したあげく編集パスワードを忘れるし、大学のレポートもまともに書き上げられないようなものだから、ブログだっていつまで続くかわからない。

思考があやふやだから文章としてまとめるのが苦手で、しかもいつまでも推敲してしまうのがいけないんだと思う。

なのでここでは、思いついたそのままを、矛盾や語感の悪さを気にせず…できるだけ…素直に書く練習をしたい。

さっそく次の記事で以上のことを丸ごと無視してるかもしれないけど。

いつ失くしてもいいもの、くらいの気持ちで、気軽に書くね。

 

 

えーと、さて。

どうしようかな。暑いね。

京都に住んでるんですけど。

猫がいるから、空調はほぼ付けっぱなしで、自宅は快適。

猫はいいよな。

手触りが、ほんとに、なんだろうあれ、すごくいい。

撫でてると、ざりざり、舐めてくれるのもいい。

起きたくない朝に、朝はいつでも起きたくないけど、アラームを止めた手で猫を撫でる。

ざりざり、ざりざり、してもらってると、きょうも頑張ろうって思えたり、どうにかして休んで猫と一緒にいたいなあって思ったりしますね。

 毎日起きて、したくをして出かけるなんてすごい。

えらいぞ。

 

おなかすいたな。